アプリボット_サムザップ_不良道_戦国炎舞のAndroidアプリ

少し釣り気味なタイトルですが実施企業が少ないASO施策に関してご紹介させて頂きます。

アプリ名に無料カードバトルゲーム無料本格ロールプレイングゲームなどASOを意識したキーワードを散りばめる施策はトレンドになっています。GooglePlayのトップセールスを眺めていた際、不良道(ギャングロード)と戦国炎舞のデベロッパー名がとても長いことに気が付きました。

これはアプリ名ではなくデベロッパー名ですよ、他の有名デベロッパーは「pokelabo, Inc.」「COLOPL, Inc.」など一般的な企業名を設定しています。

GooglePlayのデベロッパー名は50文字まで設定可能です。不良道を運営するアプリボット、戦国炎舞を運営するサムザップのデベロッパー名の文字数を調べたところ、48文字(アプリボット)50文字(サムザップ)であり、上限ギリギリまで設定していました。では、他デベロッパーは同様の施策をしているのかGooglePlay売上ランキング上位500位まで調べてみました。(10月6日(日)時点)


GooglePlay売上ランキング上位500位


※Google Driveで一覧表示しています。携帯端末で閲覧する際、下記内容が表示されない場合がございます



上位500位以内にはデベロッパー名を狙ってキーワードを散りばめているのはアプリボットサムザップの2社のみでした。本記事では割愛させて頂きますが、説明文内に進撃のバハムートガールフレンド(仮)など自社アプリ名、グループ会社のアプリ名を記載するなど2社のASO施策は共通した部分が多くあります。


デベロッパー名は検索した際にヒットするための要素か、その影響度は?


結論から言いますとヒットする要素だが、影響度は分かりませんでした・・・。


デベロッパー名はヒットする。精度も高い


試しにぐんまのやぼうをリリースしたラッキーゲームスのデベロッパー名にて検索しました。「RucKyGAMES」と検索すると説明文に「RucKyGAMES」と記載なくても正しくRucKyGAMESさんのアプリがヒットします。他デベロッパー名でも検索しても大概ヒットするので、検索対象なのではないかと思われます。また、デベロッパー名がカタカナで登録されている企業も英語名にて検索しても正しくヒットしました。


検索の影響度はあるのだろうか?


アプリ名や説明文は影響度が高いと一般的には言われています。一方、デベロッパー名はどれだけ影響度があるのかなどあまり聞いたことがない(話題に上がらない)気がします。Searchman柴田さん、E-arth藤田さんなどASOに精通されている方、或いは中の人であるアプリボット卜部さん、サムザップ辻岡さん、もちろんそれ以外の方もどなたかご意見お待ちしております|ω・`)チラ


まとめ


特定ジャンルのアプリをリリースしている企業であればこの施策は実施可能ですが、カメラ、ゲーム、カレンダーなど様々なジャンルのアプリをリリースする企業には難しいかも知れません。ソーシャルゲームに特化している2社はデベロッパー名と提供ジャンルにズレはないので成立しています。

アプリボットとサムザップのiOS版を確認したところデベロッパー名には同様の施策は行っていませんでした。GooglePlayだからこそ効果的だと判断したのかもしれません。

デベロッパー名が露骨にASO狙いで長くて見え方的には綺麗ではないという面はあります。デベロッパー名によるASO施策が良い悪いという議論をしたいのではなく、アプリマーケティングを徹底的に考え抜こうとしている姿勢が見え隠れして好感を持てました。今後一つの施策として、効果がある程度見込める場合はデベロッパー名にもキーワードを設定するという施策を実施するデベロッパーは増えるかも知れません。


Trackback

only 1 comment untill now

  1. […] これは新しい!?不良道&戦国炎舞のASO施策が凄い […]

Add your comment now