GooglePlayおすすめアプリ一覧

GooglePlayの「今週のおすすめ」に掲載されるアプリって何か基準があるのかなーと思いひたすらメモを取りつづけておりました。記事にするタイミングを失って気付いたら約4ヶ月間分のメモが溜まったので記事にします。

ざっくり言うと

・海外アプリが多く、日本語訳されていないアプリも多い。日本発アプリの掲載増やして!
・知育系や幼児向け電子書籍などが多い気がする
・海外アプリは動画設置や横型スクリーンショット割合が多いな


調査内容


・9月上旬から12月下旬まで毎週月曜日に「今週のおすすめ」掲載アプリをポチポチとExcelに記載。たまに忘れた週もあります
・調査項目
 ・国:日本か日本以外で分けた
 ・日本語:説明文が日本語で記載があるかどうか
 ・横型スクリーンショット:いわゆる通常の縦長のスクショではなく、横長のスクリーンショット設定の有無
 ・動画:Youtube動画の設置有無


調査データ




※Google Driveで一覧表示しています。携帯端末で閲覧する際、上記内容が表示されない場合があります


気になった事項


調べてみて気付いたことをピックアップしました。

GooglePlayオススメアプリ調査

全体の7%しか日本発アプリが紹介されていない(153個中12個)
・49%が説明文が日本語訳されていないアプリ(153個中76個)
・43%のアプリは動画を設置している(153個中66個)。日本デベロッパーはSMARTEDUCATIONとMoney Forwardのみ設置
・73%が大きく訴求できる横型スクリーンショットを設置(153個中112個)


掲載数が多かったデベロッパー

StoryToys:5回 ※知育アプリ
SMARTEDUCATION,LTD:4回 ※知育アプリ
Autodesk Inc.:4回 ※画像処理アプリ
Cellfish Studios:3回 ※壁紙アプリ
DualBoot Games:3回 ※壁紙アプリ
Loud Crow Interactive Inc.:3回 ※子供向け電子書籍
Runtastic:3回 ※ランニングアプリ


まとめ


日本のアプリはなんだか有名なアプリ紹介が多くて新鮮味が少ない。まだ認知度が低いけど良いアプリを紹介する枠になってくれたらなぁGoogleさん。現状の紹介基準だとユーザーとして頻繁に見たいとは思わないなぁと個人的に感じます。

4ヶ月間のうちに2回以上紹介されている日本発アプリはSMARTEDUCATION,LTDのみ。SMARTEDUCATION,LTDの掲載アプリは横型スクリーンショット、動画設置されており、何か掲載基準の参考になるのかもしれない。SMARTEDUCATION,LTDは引き続きウォッチし続けたいと思います。ジャンルの調査は行わなかったのですが、子供向けのコンテンツ(教育、電子書籍etc)が非常に多い印象を受けました。

横型スクリーンショットが全体の73%と過半数を占めている。日本も少しずつトレンドになりつつあるけどピックアップされるような海外アプリは増えています。LPOのような視点で見ても横型で大きくメッセージ伝えるような訴求は日本においてもっと増えていいと思いますー。